お役立ち!内祝いにはカタログギフト☆

HOME > 内祝いのカタログギフトについて > カタログギフトの利点と注意すべき点とは

カタログギフトの利点と注意すべき点とは

内祝いは本来は家の中でおめでたいことがあった時に、お知らせや幸せのおすそ分けで行うものという意味であり、お祝いを頂いたかどうかには関係なく行うものでした。
しかし時代の流れとともに変わっていき、今の時代では内祝いはお祝いのお返しという意味となっています。
内祝いとして何か贈る機会は長い人生の間では何度かあることではないでしょうか。
その際には、何を贈れば喜んでもらえるのかで悩むことになります。
相手の欲しいものがわかっていたり、直接聞くことができる間柄ならば問題はありませんが、そうではない場合には悩むのは当然のことであり、不要なものを贈ってしまうとありがた迷惑になってしまって、相手を困らせることにもなりかねません。
そんな時に役立つ贈り物となっているのが、カタログギフトです。


カタログギフトのメリットとしては、やはり受け取った相手が自分の好きなものを選んで受け取ることができるということではないでしょうか。
もちろん、贈る側としても相手が何が欲しいのかで頭を悩ませる必要もなくなり、双方にとってメリットがある贈り物ということは確かではないでしょうか。
直接会って手渡しする場合でも、カタログギフトならばかさばることもないので、持ち帰りの負担を与えてしまうこともありません。
受け取った相手は、カタログの中から好きなアイテムや体験を選ぶという楽しみがあるというのも、一般的な品物を贈る際にはない魅力となっています。
カタログギフトが贈り物や定番となったことによって、カタログの種類も豊富にあり、金額やシーンに合わせてカタログを選べるのも嬉しいポイントです。


贈る側にも受け取る側にもメリットがあるカタログギフトですが、贈る際には気をつけておかなくてはならない点もあります。
まず、お祝いで頂いた金額よりも高いカタログは選ばないようにするという点ではないでしょうか。
カタログギフトは金額がはっきりとはわからないという点も魅力の一つとなっていますが、カタログギフトが贈り物の定番となったこともあり、おおよその金額は受け取った相手が推測することができます。
もちろんカタログに掲載されているアイテムも、高いカタログならばかなり良いものになっていくので、いくら程度かわかってしまいます。
受け取った金額よりも高い内祝いは失礼に当たるということは頭に置いておき、本当に適しているカタログはどれかをよく吟味してから選ぶように心がけましょう。

次の記事へ