お役立ち!内祝いにはカタログギフト☆

HOME > 内祝いのカタログギフトについて > カタログギフトを内祝いに選ぶメリット

カタログギフトを内祝いに選ぶメリット

内祝いは本来の意味としては、家の中でおめでたいことがあった時に、幸せのおすそ分けという意味やお知らせという意味で渡したり、食事会を開催して招待をすると会うものでした。
しかし近年では、お返しという意味になっています。
お祝い事がありギフトをいただいた際には、内祝いとしてお返しをすることがマナーと言えますが、その際に頭を悩ませる点となるのが、何を贈れば喜んでもらえるのかという点ではないでしょうか。
相手が欲しいものや趣味がわかっていたり、何が欲しいか聞くことができる間柄ならば問題はありませんが、そうではない場合に不要なものを贈ってしまうとありがた迷惑となってしまいます。
そうならないためにも適しているギフトとなっているのが、カタログギフトであり近年では身近な存在となっています。


カタログギフトならば、受け取った相手がカタログの中から好きなものを選ぶことができるという選択肢があるので、必要なものや欲しいものを選んでもらうことができ、贈る側も何が欲しいのかで悩む必要がないという、双方にとってメリットが多い贈り物ということは間違いないのではないでしょうか。
受け取った相手は、カタログギフトをもらった時に嬉しいのはもちろんのこと、選ぶ楽しみや選んだ商品が手元に届いた時の楽しみもあり、何度も楽しめるというのも良い点となっています。
近年ではシーンに合わせたカタログギフトが豊富にあり、結婚のお返しや出産のお返しなど、ありとあらゆるシーンに適しているカタログがあるので、ふさわしいものを選ぶことができるというのも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。


相手が喜ぶものがわからない場合には、現金や商品券を贈るという方法もありますが、金額がはっきりとわかってしまい生々しいのはもちろんのこと、目上の人に対しては失礼にあたってしまいます。
お祝いで現金や商品券をいただいた場合にも、選択肢から外さなくてはなりません。
そんな時にもカタログギフトならば、おおよその金額はわかってもはっきりと目に見てわかるものではないので、マナー違反になってしまうこともありません。
カタログギフトを内祝いとして選ぶ時には、お祝いでいただいた金額はどの程度かということも考え、半額程度になるようにすることも大切です。
内祝いで悩んだ時には、カタログギフトは贈り手側にも受け取り側にもかなり適しているギフトということは間違いないのではないでしょうか。