お役立ち!内祝いにはカタログギフト☆

HOME > 内祝いのカタログギフトについて > 内祝いに大人気のカタログギフト

内祝いに大人気のカタログギフト

結婚式や出産など人生の節目にお祝いを頂くことがあります。
感謝の気持ちを込めて内祝いを贈る際に、何をプレゼントすれば良いのか迷う方は非常に多いです。
そのような方にお薦めの内祝いがカタログギフトです。
カタログギフトと聞くと、カジュアルなイメージを持たれる方がいます。
もちろん、友人向けなどのお手頃価格なカタログギフトもありますが、10万円前後の高級カタログギフトも用意されています。
そのため、高額なお祝いを頂いたお礼としてもカタログギフトで対応することは可能です。
また、最近ではカタログギフトとお茶菓子をセットにして贈る方も目立ちます。
直接手渡しすることが難しい場合は、感謝の気持ちを込めて手紙を添えたり、ご当地のお茶菓子もカタログギフトと一緒にプレゼントしても喜ばれます。


カタログギフトの最大の魅力は、選ぶ喜びと楽しさをプレゼントできることです。
カタログギフトは、プレゼントする相手の家族構成や趣味、年齢などを考え最適なものを選ぶことが大切です。
例えば、小さい子供がいるご家族へ内祝いを考えている場合は、ベビー用品が豊富に揃うカタログがお薦めです。
おしゃれな友人の場合は、有名ブランドやセレクトショップの品物が豊富に揃うカタログも喜ばれます。
グルメな方には、グルメ専門カタログもあります。
このように、相手の趣味に合わせてカタログのジャンルを選べることも人気の要因となっています。
また、最近注目されているのが、体験型カタログギフトです。
乗馬やクルージング、カヌー体験など思い出に残るような内容が豊富に揃えられているため、贈る相手に非常に喜ばれており人気のカタログギフトです。


カタログギフトを注文すると、ラッピングやのし、メッセージ作成も無料でサービスしてもらえる場合が多いです。
有料サービスのラッピングにした場合は、より華やかに相手に贈ることができます。
内祝いは早めに準備することが基本です。
内祝いのタイミングが遅過ぎる場合、相手の方に失礼になります。
結婚式の内祝いの場合は、結婚式後に遅くても1ヶ月以内が目安といわれています。
タイミングに注意して、速やかに準備し、贈るようにしましょう。
カタログギフトの価格帯は、頂いたお祝いの半額を目安にされている方が多いです。
品物で頂いた場合は、おおよその値段の半額を目安にしましょう。
また、カタログギフトの発注数が多い場合、注文者に対し割引や特典が付くこともあります。
その点も、発注する際に合わせて確認することをお薦めします。

次の記事へ