お役立ち!内祝いにはカタログギフト☆

HOME > 内祝いのカタログギフトについて > 内祝いの時のカタログギフトの使い方

内祝いの時のカタログギフトの使い方

何らかのお祝いをもらったとき、日本の習慣として内祝いをお返しするときがあります。
出産祝いの時に良く行われるケースがあり、名入れをしたりしてお祝いをくれた人にお返しをします。
ただ出産祝いの内祝いは贈る方からすると少し大変です。
お祝いは出産後から1か月ぐらいいないぐらいにもらえることが多いですが、内祝いをする時期としては1か月後ぐらいからとされています。
さすがにもらってすぐする必要はないものの、1か月ぐらいではまだ自宅内はバタバタした状態です。
ようやく子育ての雰囲気が分かってきたころでまだうまく対応できていない状態なのに、お祝いの金額に合わせて考える必要があります。
もっと簡単に行えたら負担を減らせるのにと考える人も多くいるはずです。
その時に利用したいのがカタログギフトです。


結婚式の引き出物などでよく使われるカタログギフトですが、利用範囲は広がっています。
用途ごとに合わせたカタログギフトもあるので、もちろん出産の内祝い用も用意されています。
気になるのは名入れなどができない所でしょう。
スイーツなどを内祝いで贈るとき、子供の名前を入れたりして贈ることが良くあります。
名前を入れる作業があるので事前に準備をする必要があり、出産前から商品選びをしないといけないときもあります。
カタログギフトは贈り先が商品を選ぶ仕組みなので、商品そのものに名入れはできません。
でもカタログを送るときに子供の名前を入れて贈ることができます。
又メッセージを入れておくのも良いかもしれません。
親族など普段から世話になっている人に対してはお礼の気持ちも含めて一言書くようにしましょう。


実際にカタログギフトを選ぶときにはどうするかですが、いくら内祝い用があるからと言って適当に選ぶのは良くありません。
それぞれのカタログごとにスタイルなどがあり、若い人向けや中高年の人に合っている物、幅広い世代に合うものなどがあります。
食品関係を中心にしているものから、食器などの日用品を選べるカタログもあります。
なかなか事前にどんなものがいいのかの希望を聞きづらいところはありますが、それぞれの家庭の事情を考えながら選ぶようにしましょう。
会社の同僚や友人関係なら若い人が多いでしょうから、若い人が好みそうなものを選ぶようにしてみましょう。
親族関係なら中高年の人が使いやすいものを選びます。
急に贈らなくてはいけなくなるときもあるので、その時は幅広い世代に贈れるものを選びましょう。

次の記事へ