お役立ち!内祝いにはカタログギフト☆

HOME > 内祝いのカタログギフトについて > 送る側も送られる側もお祝いの気持ちが伝わるカタログギフト

送る側も送られる側もお祝いの気持ちが伝わるカタログギフト

結婚や出産、新築や引っ越しなど身内で起こったおめでたい出来事に対し、お祝いをいただくことがあります。
そのお礼のお返しを内祝いと言います。
内祝いで送る物は食品や日用品など、送られても困らず気軽に使える物を送るのが一般的とされています。
しかしそういった日用品ひとつ取ってもこだわりがあったり決まった銘柄を選んでいたりと相手の好みを考えると、何を送ったらいいのか分からないことも少なくありません。
また内祝いは、一般的なプレゼントとしてよく選ばれる物、例えばハンカチでは涙や別れを連想させるので好ましくないなどといった暗黙のルールもあるようで、ますます何でお返しすれば良いのか迷ってしまいます。
そんなときは、相手に選んでもらえるカタログギフトを選択するのがお勧めです。


カタログギフトは食品や日用品、家電、衣料品など様々なジャンルの商品が一冊のカタログになっており、その中から受け取った側の人が自由に選ぶことのできるギフトです。
送る側は、相手の好みやセンス、また内祝いに関する細やかなマナーを気にする必要がなく、気軽に送ることができるのがメリットです。
特に送る側、すなわち祝われる側は、めでたい状況とはいえ、結婚や出産、引っ越しなどを経てバタバタと慌ただしい時期です。
そこへ内祝いの品物選びとなると時間も取りづらく手間がかかります。
そんなときはカタログギフトにすれば、カタログの値段を選ぶだけであとは相手側が自由に品物を選んでくれるのでとても楽ができます。
日持ちのしない生モノや色とサイズが様々の衣料品などもカタログの中に含まれているので、通常の内祝いでは送りにくい物も選択できます。


送られた側も、カタログの中から自由に好きな物を選べる喜びがあります。
相手が品物を選んで送ってくると、なかなか自分の好みにピッタリ合った物が届くことはありません。
いくら親しい身内とはいえ、好みを把握しているとは限りませんし、内祝いは期待して待つものではないと分かってはいてもあまり好みではない物が届くと少しがっかりしてしまいます。
お互いのお祝いとお礼の気持ちを尊重するためにも、より喜んでもらえる物を送るという意味でカタログギフトは有効です。
また、お祝いしたものの忙しい時期に内祝いを送ってもらう申し訳なさも、カタログギフトなら解決できます。
あれこれ選ぶ手間をかけずにすんだと考えると、お祝いする気持ちに水を差しません。
送る側も送られる側も売れ良いカタログギフトがとても便利なことが分かります。

次の記事へ